新刊案内

432
鉄道構造物等設計標準・同解説 設計計算例  RC橋脚(杭基礎)
鉄道構造物等設計標準・同解説 設計計算例 RC橋脚(杭基礎)
 鉄道技術行政における法令等に基づく技術基準の性能規定化に伴い、鉄道構造物等設計標準(以下、「設計標準」)は性能照査型設計法への移行が進められてきました。橋梁・高架橋に関連する設計標準は、平成16年「コンクリート構造物」の改訂に始まり、平成24年の「基礎構造物」、「土留め構造物」、および「耐震設計」の改訂により移行が完了しています。今回、性能照査型設計法の普及を図るため、杭基礎形式の鉄筋コンクリート橋台を対象として、性能照査型の各設計標準に基づく具体的な設計計算書の例(「設計計算例」)を作成しました。性能照査型に移行した設計標準のよりよい理解と、優れた鉄道構造物を実現するための性能照査ツールとして本書をご活用いただければ幸いです。
平成29年3月発行 本体1,800円+税)
433
鉄道構造物等設計標準・同解説  設計計算例  ケーソン基礎RC橋脚
鉄道構造物等設計標準・同解説【基礎構造物】(平成24年版)杭体設計の手引き)
 鉄道構造物設計標準・同解説(以下、「設計標準」)については平成16年「コンクリート構造物」の改訂に始まり、平成24年の「基礎構造物」および「耐震設計」の改訂により性能照査型設計法への移行が完了しています。性能照査型設計法の普及を図るため、代表的な構造物を対象として性能照査型の各設計標準に基づく具体的な設計計算書の例(以下、設計計算例)の作成を進めており、今回、ケーソン基礎形式の鉄筋コンクリート橋脚を対象とした設計計算例を作成しました。性能照査型に移行した設計標準のよりよい理解と、優れた鉄道構造物を実現するための性能照査ツールとして本書をご活用いただければ幸いです。

平成29年3月発行 本体2,200円+税)
521
522
523
524
鉄道構造物等設計標準・同解説  設計計算例
 土構造物・土留め構造物に関連する鉄道構造物等設計標準・同解説は、平成19年の「土構造物」の改訂に始まり、平成24年の「土留め構造物」および「耐震設計」の改訂により、概ねの性能照査型設計法への移行が完了しました。これにより、これまでは仕様設計が主体的であった盛土や切土、構造形式の異なる抗土圧形式や補強土形式の擁壁についても、橋梁や  高架橋など他の構造形式と同一の設計思想で設計を行うことが可能となりました。 このような背景を踏まえ、「盛土補強土擁壁」、「切土補強土擁壁」、「抗土圧擁壁」、「盛土・切土」の各設計計算例を作成し、設計の具体的な流れを解説いたしました。性能照査型に移行した設計標準のよりよい理解と、優れた鉄道土構造物・土留め構造物を実現するための性能照査ツールとしてこれら計算例をご活用いただければ幸いです。
 
521 盛土補強土擁壁        平成29年3月発行 本体1,700円+税)
522 切土補強土擁壁平成29年3月発行 本体1,400円+税)
523 抗土圧擁壁平成29年3月発行 本体1,600円+税)
524 盛土・切土平成29年3月発行 本体2,400円+税)

盛土補強土擁壁   切土補強土擁壁   抗土圧擁壁   盛土・切土
525
鉄道構造物等設計標準・同解説  設計計算例  中間支持型シートパイル基礎
鉄道構造物等設計標準・同解説  設計計算例  中間支持型シートパイル基礎
 鉄道技術行政における法令等に基づく技術基準の性能規定化に伴い、鉄道構造物等設計標準(以下、「設計標準」)は性能照査型設計法への移行が進められてきました。橋梁・高架橋に関連する設計標準は、平成16年「コンクリート構造物」の改訂に始まり、平成24年の「基礎構造物」および「耐震設計」の改訂により移行が完了しています。今回、性能照査型設計法の普及を図るため、中間支持型シートパイル基礎形式の鉄筋コンクリート橋脚を対象として、性能照査型の各設計標準に基づく具体的な設計計算書の例(「設計計算例」)を作成しました。性能照査型に移行した設計標準のよりよい理解と、優れた鉄道構造物を実現するための性能照査ツールとして本書をご活用いただければ幸いです。
平成29年3月発行 本体1,900円+税)
956
改訂版
第1版
鉄道構造物等設計標準・同解説[耐震設計](平成24年版)
 橋梁および高架橋耐震照査の手引き ~静的非線形解析による照査~
鉄道構造物等設計標準・同解説[耐震設計](平成24年版)橋梁および高架橋耐震照査の手引き ~静的非線形解析による照査~
 橋梁および高架橋耐震照査の手引きは、平成11年に制定された「鉄道構造物等設計標準・同解説(耐震設計)」および関連する標準を補足するための地震時の性能照査に関する手引きとして発刊しました。また、平成16年に改訂された「鉄道構造物等設計標準・同解説(コンクリート構造物)」に合わせ、本手引きを第2版(平成17年12月)として改訂しました。しかしながら、第2版から「鉄道構造物等設計標準・同解説(耐震設計)」および関連する標準が改訂され、新たな知見や技術が得られています。本手引きでは、静的解析法を用いた地震時の性能照査を対象に、最新の各種設計標準に準拠するとともに、抗土圧橋台などの対象構造物等の追加、最近の研究成果および現時点で最適と考えられる性能照査法の方法についても記載しました。各種設計計算例と併せてご活用いただければ幸いです。
平成29年3月発行 本体1,300円+税)