鉄道におけるEMCと国際規格概論

開催日 2018/01/22(月)~01/23(火)
期間 2日
定員 53
開催場所 鉄道総研 国立研究所
受講料 ¥32,400(税込み)

国際規格をベースに鉄道分野におけるEMCの概念を学ぶ講座

受講対象者

鉄道事業者、工事会社あるいは製造会社等で車両、電力、信号通信等に携わっている若手から中堅技術者の方。

目的

EMC(Electro-Magnetic Compatibility)の基本的概念、鉄道とEMCとの関係、鉄道のEMCに関する国際規格の概要、実際の測定法の基礎について講義します。

目標

鉄道分野において電磁障害やEMC国際規格に対応するために必要となる基礎的な知識の習得を目指します。

プログラム(講師等が決まり次第、このページを更新します)

講座の内容

09:30~10:00
受付


EMCの基礎

[EMCの基本概念/EMCの概要]


鉄道向けEMC国際規格

[IEC62236の概要/実際の測定法]


電気鉄道における通信誘導障害

[通信誘導障害の概要/測定法]


鉄道における低周波電磁界に関する話題

[鉄道の低周波電磁界現象の概要/EUやUICの動向]


鉄道車両におけるEMC関連の動向

[車両のEMC問題/対策法]


鉄道車両と信号設備とのEMC

[車両と信号との間のEMC]


EMC測定の実際

[電波雑音および通信誘導障害の測定の実例]


【1日目】 2017/01/22(月)
講義開始時間 10:00
講義終了時間 16:30(予定)

【2日目】 2017/01/23(火)
講義開始時間 09:30
講義終了時間 16:30(予定)
  • 実験棟の見学が予定されております。歩きやすい靴で、ヒールのあるものはお避けてください。

一覧に戻る
PAGE TOP