鉄道車両技術概論(第2回)

この講座は終了しました

開催日 2017/10/11(水)~10/12(木)
期間 2日
定員 53
開催場所 鉄道総研 国立研究所
受講料 ¥32,400(税込み)

鉄道車両の構造と制御、回路などの基礎から応用までを学ぶ総合講座

受講対象者

鉄道事業者あるいは鉄道関係メーカー等の方で、車両技術について概要を短期間に理解したい若手から中堅技術者の方(車両部門以外の方も含む)。

目的

車体、台車の基本的な構成や性能、ブレーキ装置や電気車回路の構成、さらにはディーゼル車両のしくみなど、車両の実務者に必要な基本的な知識を、実例を交えて講義します。

目標

鉄道車両技術の近年の動向や、専門的知識を幅広く習得することを目指します。

プログラム

講座の内容

09:00~09:30
受付


台車

台車の役割/台車の構成と各部の名称/台車方式の変遷/車両の運動と台車設計/新しい台車


車体構造

車体構造の変遷/車体構造に求められるもの/車体構造/軽量化/車内環境・乗り心地


ブレーキ

ブレーキシステムの構成/ブレーキの変遷/在来線・新幹線のブレーキ/ブレーキ材料


主回路

主回路の概要/主回路システムの構成/主電動機の種類と制御方法


ディーゼル車両

ディーゼル機関/動力伝達方式/液体式ディーゼル車両の動力性能


車両性能

列車の性能を左右する要素/モータの特性と制御/列車を加減速する力/車両性能演習問題


【1日目】 2017/10/11(水)
講義開始時間 09:30
講義終了時間 17:30(予定)

【2日目】 2017/10/12(木)

講義開始時間 09:00
講義終了時間 17:00(予定)

※実験棟の見学が予定されております。歩きやすい靴で、ヒールのあるものはお避けてください。

※5 内容は、No.5「鉄道車両技術概論(第1回)」と同じです。

一覧に戻る
PAGE TOP